TEL(0982)32-5501

ネット・ゼロ・エネルギーハウス
登録業者としてのご提案
株式会社山田屋では、2016年4月より登録が開始されました、「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い以下の通りZEH計画を策定いたしました。

■2016年【平成28年】 ZEHシリーズ受託率の合計を10%以上
∟2016年 実績報告--- ZEH普及実績は4%でした。来年度もZEHの特徴やメリットを積極的に説明して、ZEHの普及に努めます。 

■2017年【平成29年】 ZEHシリーズ受託率の合計を22%以上
■2018年【平成30年】 ZEHシリーズ受託率の合計を32%以上
■2019年【平成31年】 ZEHシリーズ受託率の合計を42%以上
■2020年【平成32年】 ZEHシリーズ受託率の合計を57%以上

※ZEH受託率=全体受注棟数に対しての受託率

株式会社山田屋のZEH普及策について

弊社がZEHビルダー登録業者であることを、ホームページや自社イベントの際の新聞広告、折込チラシ等を使って周知を図り、かつZEHとはどういうものかということも併せて周知していきます。また、自社イベントやモデルハウスへご来場された方に接客する際、一般住宅とZEHの違いやメリットを説明していきます。住宅見学会等においては、ZEHについての説明会・勉強会を開催し、住宅取得予定者に対しZEHを一から学んでもらえる場を設けます。
その際、その場で弊社が考えるコストを抑えたZEHプランを提案することにより、住宅取得者がZEHを選びやすく出来るような環境を整えていきます。

ZEHコストダウンに向けた具体策

設計において、外皮計算・一時消費エネルギー量計算を外注せず、自社で行うことによりコストダウンを図ります。
ZEHを構成する、高性能断熱材・高断熱サッシ・ガラス・高効率給湯設備・高効率太陽光発電など、当社が提案するZEHのモデルプランを規格化標準仕様とし、メーカー、仕入れ業者に集中発注することによりコストダウンを図ります。また、弊社の属する全国展開の工務店ネットワークを通じスケールメリットを生かした資材の流通ルートを活用し、共同購入をすることによりコストダウンにつなげます。

その他の取り組みについて

外皮の断熱性能・創エネだけでなく、通風を考えた設計・昼光利用や暖房期の積極的な日射熱を取り入れた設計など、自然エネルギーを取り入れたパッシブデザインを行い、住宅の更なる省エネ化を図ります。又、高効率にヒートポンプ式熱源機による、床下全館冷暖房システムを使用することにより、床下の蓄熱性を利用した省エネでヒートショックのない健康的な住まいを実現します。
以上の取り組みを積極的に行い、お客様に分かりやすく明確にエネルギー対策をご理解頂くとともに、健康的で最高品質のZEHシリーズ住宅をご提案できるよう努めてまいります。

株式会社 山田屋  代表取締役社長 山田 英明

他リンク背景