3つの高性能

① 高断熱 ‐脱衣所,トイレもお部屋のような快適さ‐

冬のお風呂やトイレが寒くない!夏は蒸し暑くない!
部屋ごとの温度差を少なくし、健康で快適な暮らしを実現します。さらに!温度の抜け漏れが少ないので、エアコン代をカット♪省エネで光熱費が節約できるのも嬉しいポイントです。
なぜなら、断熱性能を表すUA値が「0.??以下」。雪国北海道の省エネ基準を上回る断熱性能です。

☝高断熱をつくる技術 ‐最高レベルの発泡ウレタン吹付‐

断熱性・気密性・防露性・吸音性に優れた発泡ウレタンを断熱材として使用しています。隙間なく施工することで、冷暖房エネルギーを削減。湿気を通しにくく、構造体内に隙間を作らないので壁内結露が発生しにくくなります。

☝高断熱をつくる技術 ‐熱換気交換システム「Eco-i工法」‐

冬は、外の冷たい空気を温めてから室内の空気と換気します。夏は逆に、外の熱い空気を冷やしてから室内の空気と換気します。省エネ面、健康面、快適面に考慮して山田屋が誇る世界No.1パーツを適材適所で使い、上手に組み合わせたハイブリッド換気システムです。

☝高断熱をつくる技術 ‐LoWEガラス、樹脂サッシ、断熱ドア‐

住まいの中で、熱の出入りが最も大きいのが「窓」です。
結露しにくい「高断熱 樹脂サッシ」と断熱性が高い「Low-E」ガラスで熱の出入りをカット。エアコンの効きも良くなり省エネにもつながります。

② 高気密 ‐カイテキな温度&空気で生活できます-

気密性とは、家のすきまの割合を示した数値のこと。
山田屋のお家は、高気密なので熱の出入りはもちろん、有害物質の取り込みを防ぎ、換気効率が良くなることで新鮮な空気が常に家に循環するんです。また、防音性も高まるので、近所の騒音が聞こえなくなり、室内の音漏れも防ぐこともできます。

☝高気密をつくる技術 ‐プラズマフレッシュ‐

室内吸気口にある「イオン分解装置」プラズマフレッシュは、
強い殺菌作用を持つOHラジカルを発生させ、
ダニや花粉など菌の活動を抑制します

☝高気密をつくる技術 ‐特殊アレルノンフィルター‐

アレルノンフィルターは花粉やPM2.5など外からの汚れた空気を除去し、きれいな空気だけを室内に取り組みます。

③ 減震 安心のW地震対策

ダブル対策で、大きな地震でも建物の揺れを最小限に抑えることができます。
震度7相当の揺れに8回耐える壊れない耐震工法と地震エネルギーを1/4にする揺れないげ減震ブレーキが備わり、安心安全な住まいを提供します。

☝減震をつくる技術 ‐減震摩擦工法UFO-E‐

従来のイシンホームの耐震構造にさらに減震ブレーキを施工した方法。
「地震力や加速度や層せん断力が半減」する装置で、約400galですと、阪神大震災クラスの約半分の地震力ほどに抑えることが可能
※ ガル(Gal)とは地震の揺れの強さを表すのに用いる加速度の単位

☝高気密をつくる技術 ‐高品質の材木を使用‐

国産高級桧・宮崎県産の飫肥杉(おびすぎ)

耐震性能が高い国産最高級桧を、土台だけではなく、支柱にも使用。非常に贅沢な仕様です。

宮崎県産の飫肥杉(おびすぎ)を使用しています。
飫肥杉は江戸時代には船の材料として利用されるなど、耐久性が高い杉として知られており、さらにしっかり乾燥させることで、強度を最大限に高めています。